栃木県職種一覧

警察行政

組織の運営企画、人事、予算管理や交通安全対策のほか、各種犯罪における証拠品の鑑定、システム開発などの専門的な分野から警察組織運営を支え、栃木県の治安を守る重要な役割を担います。

主な勤務場所

警察本部、警察署、運転免許センター、警察学校

指紋の鑑定
指紋の鑑定
自動車運転の運動能力検査
自動車運転の運動能力検査

職種紹介パンフレット

職員インタビュー

安全安心な“とちぎ”の実現のために!

警察本部 警務部 会計課 施設室

須藤 剛士(すとう つよし)

入庁年度

平成21年度

異動経歴

H21~ 真岡警察署会計課
H24~ 下野警察署会計課
H28~ 警察本部警務部会計課
H31~ 関東管区警察局へ出向
R3~ 現所属

Q.現在の担当業務や職場の雰囲気を教えてください。

警察本部庁舎をはじめとする建物の維持・管理、施設の使用許可手続や財産の管理に関する業務に従事しています。
職場は仕事・プライベート問わず相談しやすい雰囲気で、困ったときはお互いにフォローしていく体制が整っているため、とても働きやすい環境です。

Q.これまでにどのような業務を経験しましたか。

警察署では、地域住民と密接に関わる遺失拾得物(落とし物)の取扱いをはじめ、警察活動を支える車両の燃料や消耗品の調達、職員の給与事務などを担当しました。警察本部会計課では予算係として、警察本部の施策実施のための予算編成作業に従事しました。

Q.やりがいを感じるのはどのようなときですか。

警察行政の仕事は、遺失拾得事務、道路使用許可等の各種窓口業務をはじめ、情報管理、警察職員の給与・勤務管理、福利厚生に関する業務など、警察活動を支援する多種多様な業務があります。安全で安心な”とちぎ”の実現のため、警察官と一体となって取り組むことができるところにやりがいを感じています。

Q.今までの業務の中で印象に残っていることを教えてください。

私は昨年まで2年間、関東管区警察局に出向していました。その際、台風による大規模災害が発生し、現状復旧のため各県警察施設の被害状況の確認作業等に従事しました。台風の被害は凄まじいものがありましたが、これらの業務を通して、復旧活動に取り組む各県警察の助けになれたのではないかと思います。

Q.仕事を進める上で心がけていることや大切にしていることは何ですか。

常に相手の立場に立って、チームプレーで業務に臨むようにしています。思い込み・独りよがりなまま業務を進めてしまわないためにも、係内で情報共有することはもちろん、他係との連携を意識するよう心掛けています。

Q.リフレッシュにはどんなことをしていますか。

仕事のオンとオフの切り替えよくするため、休日や勤務終了後には趣味である読書、アウトドア、ジム通いをしてリフレッシュしながら日々業務に臨んでいます。